講師紹介

ジョン・アイナーセン

Photo of John Einarsen

ジョン・アイナーセン 10年くらい前、コーヒーカップを撮影したシンプルな写真に心を奪われました。何か が違っていたのです。驚くほどの明快さと平和的な要素が表現されていました。まるで 自分がコーヒーカップを生まれて初めて見たような気持ちになりました。頭ではなく心 で見ていました。どうしてこんな経験がおこったのだろう?この一枚の写真がこんなに 本質的に私の心に深く響いたのは何故だったのでしょう? のちにこの写真を撮影した人のことを知りました。Michael Woodという、The Miksang Institute For Contemplative Photographyを設立した人でした。 その後、彼と彼のパートナーのJulie Duboseさんのもとで勉強することになりました。 この特有な方法は、Michaelさん自身の瞑想の修行とチベットの高僧Chöygam Trungpa Rinpocheが残した写真と文書に触発され40年以上前にはじまりました。それから何十年 もの間、彼は本当に見るための的確な方法を確率するために実践と研鑽を重ねてきまし た。私の写真は、MichaelさんとJulieさんの明確で寛容な指導がなかったら、違うもの になっていたでしょう。彼らを通じて、自分で想像もできなかったほど深く明確に見れ るようになりました。練習を通じて、結局今この瞬間しかない、ということも実感でき るようになりました。今は常にこのようなものの見方ができるようになり、それは私に 多くの喜びをもたらせてくれています。他の皆さんにもこんな体験を共有して欲しいと 思い、2017年にMiksangの講師になりました。 私はこれまでの35年間京都に住んでいます。年4回発行されるKYOTO JOURNAL (www.kyotojournal.org)という、英語で日本とアジアの文化を紹介する雑誌の創始者で す。長瀬光恵さんと一緒に日本とアジアでMiksangを教えています。

View John’s Miksang Gallery


長瀬光恵

Photo of Mitsue Nagase

20代の頃から写真が好きで、カメラを手に身の回りにある人やものを撮影していまし た。“写真”というからには真実が映るものだ、最初はそのように思っていましたが、そ のうち、写真には「そのもの」よりも撮影者の視点や対象との関係性がより映っている 、ということに気づきました。つまり、写真には必然的に撮影者のフィルターがかかっ ているということです。それならば、「そのもの」を写すことはできるのか?そんなこ とを考えていた時にMichal Woodさんと Julie DuBoseさんの書いた本でMiksangのこと
連絡先:mitsuenagase@gmail.com

View Mitsue’s Miksang Gallery

Both Mitsue and John belong to the Miksang Institute for Contemplative Photography and have no associations with other Miksang groups.

Miksang copyright information